分享

【歌詞中譯】SixTONES - マスカラ

由King Gnu的常田大希作詞作曲,SixTONES的第五張單曲《マスカラ》!
歌詞 翻譯 SixTONES
從我開始準備翻這首已經過了兩個月.........
終於生出來了😭
老實說沒有什麼自信 但還是拼命把解釋轉換成文字了🤣
翻譯過程實在太燒腦 所以我現在想不到要打什麼文案XD
只是要感嘆一下 每一次發他們新歌都會看到SixTONES新的一面
希望以後他們也能這樣持續挑戰新事物 不忘最初的自己💎



マスカラ|Mascara

作詞.作曲:Daiki Tsuneta
  

飾らない笑顔で

毫無掩飾的笑容
ありきたりなキスをして
再平常不過的親吻

凡庸なラブストーリーが丁度いい
平庸的愛情故事最剛好


終わりがあるのなら
若註定會結束

始まらなきゃ良かったなんて

還不如不要開始
いじけてばかりで
我如此懊悔著


わかりきっていた

其實很明白
変わりきってしまった

已經全都變了
馴染みの景色を

將熟悉的風景
喰らえど喰らえど
咀嚼再咀嚼

味がしなくなってしまった日々の

卻也漸漸嚐不出味道
貴女の酸いも甘いも忘れたままで

就這樣忘卻與妳度過的快樂與痛苦

強くなれたならば 素直になれるかな

若是再堅強一點 是否就能變得率直
見えすいた完璧なフリは もうやめて

別再裝作完美了 早已全被看透
枕を濡らした 涙が乾いたなら

沾濕枕頭的淚水 若已乾透
出かけようか

一起出門吧
マスカラ剥がれたまま

卸下眼上的睫毛膏

無意味な仕草さえ

連毫無意義的舉動
切らずに垂れ流した

都不間斷地播放
そんなドキュメンタリーが調子いい

那種紀錄片般的感覺還不錯

情けない姿も山ほど見せたけど

已經讓你看過許多沒出息的樣子
悔やんでばかりいられないね

但不能總是沉浸在後悔裡呢


わからなかった

過去不明白
変われやしなかった

以為永恆不變
当たり前の仕合わせを

將理所當然的命運
喰らえど喰らえど
啃食再啃食
満たされなくなってしまった日々の
卻也漸漸變得無法滿足

貴女の酸いも甘いも忘れたままで

就這樣忘卻與妳度過的快樂與痛苦

強くなれたならば 優しくなれるかな

若是再堅強一點 是否就能變得溫柔
見えすいた嘘で 茶化してばかりで

總是用顯而易見的謊言 當作玩笑呼嚨過去
悲しみの雨を 丸々飲み干したら

將悲傷的雨水 一乾而盡之後
出かけようか

出去走走吧
出会った二人のまま

回到初次相遇我們

終わらない夢の狭間を切り裂いた

切開永無止盡的夢的縫隙
一筋の真っ直ぐな瞳

你那專一直率的眼瞳
苦しいほどに胸を貫いた

貫穿胸口令人痛苦不已

喰らえど喰らえど

再怎麼啃食
満たされぬ腹

都無法滿足
打たれて打たれて

讓雨水拍打
びしょ濡れのまま
就這樣淋得濕透


ありきたりな毎日に

我們在平凡無奇的每一天
足りて足りて足りない僕ら

追求著刺激著卻還是覺得不夠


強くなれたならば お互い許せるかな

若是再堅強一點是否就能原諒彼此
見えすいた幼稚なフリは もうやめて
別再做出顯而易見的幼稚舉動
枕を濡らした 涙が乾いたなら

沾濕枕頭的淚水 若已乾透
出かけようか

一起出門吧
マスカラ剥がれたまま

褪下所有的偽裝

'あの頃の二人のまま'

'就像那時候的我們倆'

強くなれたならば 優しくなれるかな

若是再堅強一點 是否就能變得溫柔
見えすいた嘘で 茶化してばかりで

總是用顯而易見的謊言 當作玩笑呼嚨過去
悲しみの雨を 丸々飲み干したら

將悲傷的雨水 一乾而盡之後
出かけようか

出去走走吧
出会った二人のまま

回到初次相遇我們

飾らない笑顔で

毫無掩飾的笑容
ありきたりなキスをして
再平常不過的親吻

凡庸なラブストーリーが丁度いい
平庸的愛情故事最剛好


終わりがあるのなら
若註定會結束

始まらなきゃ良かったなんて

還不如不要開始
いじけてばかりで
我如此懊悔著

#歌詞  #翻譯  #SixTONES 
分類:娛樂

所有翻譯文章皆為個人翻譯練習,轉載請標明出處,請勿商用。如果喜歡我的翻譯也可以幫我按個愛心,謝謝🥰

評論
上一篇
  • 搬家٩( ᐕ)و
  • 下一篇
  • 更多文章
    載入中... 沒有更多了