分享

【歌詞】声/嵐

作词:小川贵史
作曲:多田慎也  
駐足起的街頭 回首夕陽已西沈殞落
獨自觀看寂靜的黑夜拉開序幕
特意繞過了每次與妳想約的場所
每常街燈亮起 我又再次停下腳步 
小小的謊言與任性 我總是歸咎錯在於妳
幾度仰望天空 每當想起總是叫人心碎 
再會吧 本想永遠守護著妳
就算強顏歡笑假裝不復記憶 卻永遠無法將妳忘記 
用相觸的手指梭巡 妳的之情與我的心意
幾乎不需要任何立語 觸及了彼此的心 
妳有妳的天空 我看見的是我的天空
兩人重疊的形體 一點一滴的改變 在那時候... 
聲嘶力竭的吶喊 無法傳達 這份感情
與妳的承諾的未來已不再 想必也無法在回到過去 
再會吧 本想永遠守護著妳
就算強顏歡笑假裝不復記憶 卻永遠無法將妳忘記 
风の街に伫んだまま 振り向けばもう阳は落ちて消えてた
始まる静かな夜を一人で见ていた
君といつも待ち合わせた场所を避けてまだ远回り
街の灯りが辉くたびに また仆は立ち止まる  
小さな嘘もわがままも いつも君のせいにしょうとした
空を见上げて何度も 思い出せば心が张り裂けそう  
サヨナラずっと君だけを 守りたかったいつまでも
无理に笑って忘れたふりしても 君をずっと忘れない  
触れた指と指で探す 君の気持ち 仆の想い
どんな言叶もいらないくらい 心に手が届いた  
君には君の空があり 仆に见えたのは仆の空
ふたり重ねたカタチが すこしずつ変わっていた あの顷は…  
声を枯らして叫んでた 届かないんだ この想い
君と誓った未来は途切れた あの日はきっと返らない  
サヨナラずっと君だけを 守りたかったいつまでも
无理に笑って忘れたふりしても 君をずっと忘れない  
分類:心靈

評論
上一篇
  • 下一篇
  • 【心情】踩踩樂之我是高調鬼!
  • 更多文章
    載入中... 沒有更多了